高知支部
児童家庭支援センター
高知ふれんど

センター長 谷本恭子
センター長
谷本恭子(高知支部長)

テーマ「新型コロナ感染に負けない支援の継続」
コロナ感染拡大防止のため、訪問や来所の自粛を余儀なくされた経過があり、支援が十分に届けられなかった時期があります。ニーズの把握も十分に出来ず、必要な支援ができなかった。この反省を元に、感染防止の取組を十分に行い、変わらない支援が持続できるように対応します。

スタッフ

センター職員

運営基本方針

一人ひとりの子どものかけがえのない命と権利を守り、心身ともに健全に育成されるよう、心をつくして相談に応じ支援に努めます

  • 相談・支援は、「子どもの最善の利益」を図ることを目的として行います。
  • 傾聴を基本とし、児童や保護者との信頼関係を築き常に寄り添う支援を行います。
  • 児童や保護者の意思と問題解決の力を最大限に尊重します。
  • 一人ひとりの子どもの心身の成長発達や保護者の特性に即した支援を行います。
  • 相談内容は同じであっても、その問題は、個々の相談者固有の問題であることを自覚します。
  • 個別援助計画に基づいて援助を行います。

センターの様子

子ども虐待防止運動 高知オレンジリボンキャンペーン
高知市中心部で「子どもと家族の笑顔のために」をスローガンにたすきウォークを開催。
高校生のダンスパフォーマンスや中学生吹奏楽部のマーチングを先頭にパレードを行い、子育て家族にあたたかい地域社会の実現を訴えました。
高知オレンジリボンキャンペーン
春野高等学校の生徒さんたちによるスタートの言葉
「龍馬マラソン」でオレンジリボンを!
2月17日、龍馬マラソンの走者に手作りオレンジリボンをつけて走ってもらいました。
「オレンジリボンって何?」 趣旨を説明した後は「絶対につけて走ります!」と、多くの方に協力をしていただきました。
龍馬マラソン
パソコン講習会の開催及びパソコンのプレゼント
東京で活動している特定非営利活動法人ライツオン・チルドレンに協力して、施設からの自立が間近い専門学校生や高校生の18名にパソコン講習会を受講してもらい、使用したパソコンをプレゼントすることができました。
パソコン講習会

施設概要

施設名 児童家庭支援センター 高知ふれんど
所在地 〒780-0062 高知市新本町1丁目7-30
TEL 088-803-5550
FAX 088-803-5770
E-mail メールアドレス
ページ上部へ