米子支部
児童家庭支援センター
米子みその

センター長 大谷志帆
センター長
大谷志帆

米子みそのは「大切なあなたへ」という思いに基づき、子育てについての不安や心配、お子さん自身の悩み等について一緒に考えていきます。相談は専門のスタッフ3名(センター長1名、相談支援員1名、 臨床心理士1名)がお受けします。
地域のニーズを受け止め、関係機関とも密に連携しながら、お子さんやご家族のサポートにあたっていきます。また、より良い支援ができるよう、資質向上にも努めます。
11月には子ども虐待防止の普及啓発活動としてオレンジリボンキャンペーンを行います。子育てに優しい社会の実現を目指して、1人でも多くの方々に児童虐待問題への関心と理解が得られるように活動します。

運営基本方針

キリスト教の愛の精神に基づいて、一人ひとりの子どものかけがえのない命と権利を守り、心身ともに健全に育成されるよう、心を尽くして相談に応じ支援に努めます。

  • 相談・支援は、「子どもの最善の利益」を図ることを目的に行います。
  • 児童や保護者の意思と問題解決の力を最大限に尊重します。
  • 児童および家庭に係る個別援助計画を作成し、これに基づいて援助を行います。

センターの様子

団結式

11月の児童虐待防止推進月間に鳥取県西部圏域でオレンジリボンたすきリレーを開催する予定でしたが、コロナウイルス感染状況を鑑みて中止しました。代わりに、関係機関が集まって支援に向けて心を一つにする『団結式』というセレモニーを実施しました。

ポスター
地元の高校生デザインのポスターを作成し、啓発活動に取り組みました。
『子どもの食緊急プロジェクト』
『子どもの食緊急プロジェクト』に参加し、ご家庭に食べ物を配達しました。

施設概要

施設名 児童家庭支援センター 米子みその
所在地 〒683-0841 米子市上後藤4-2-36
TEL 0859-21-5085
FAX 0859-24-1288
E-mail メースアドレス

うさぎ

ページ上部へ