米子聖園天使園

園長 徳岡洋子(米子支部長)  家庭的養護推進計画に基づき、今年度は入所児童数の定員を50名としました。
 テーマは【より添う】~創意・工夫~ です。
外観 子ども達との日常の生活の中で、私達職員は自らの責任と役割を果たし、創意と工夫をもってより良い支援に繋いでいきます。
 子ども達の声に耳を傾け、子ども達の意見や気持ちにより添いながら、子ども達の主体性を大切にし、安心して生き生きと生活ができる温かい居場所作りに努めます。
 豊かな育ちのため、生命(いのち)を大切にし、自他の尊重の意識や思いやりのこころを育てる【生きるためのこころ(性)の教育】に継続して取り組みます。
 本年4月に地域小規模児童養護施設【たいようホーム】を開設しました。地域の中で、より家庭的な生活を目指します。
 園舎建て替えに向けて、基本設計等具体的な協議を進めていきます。

養護方針
マリア像 一人ひとりのありのままを受け入れ、その成長のためその心と立場に立って考え、安心、安定した生活ができるように努めます。
将来ひとりの社会人として自立出来るよう、困難に立ち向かえるような支援を日々の生活に取り入れます。
一人ひとりを尊重し、その個性にあった援助、指導を模索し、職員間で話し合い一貫した養育・支援に努めます。

天使園がスタジオに プロのカメラマンによる記念撮影

地域小規模児童養護施設たいようホーム  開設H29年4月

第1回 キラキラ運動会

韓国の児童養護施設の児童との交流 大山 赤松の池にてカヌー体験

マップ

児童養護施設 米子聖園天使園
〒683-0841 米子市上後藤4-2-36
TEL:0859-29-4364   FAX:0859-29-3155
定員50名


大きな地図で見る

米子支部施設紹介

児童養護施設「米子聖園天使園」乳児院「米子聖園ベビーホーム」

保育所「米子聖園マリア園」保育所「出雲聖園マリア園」

児童家庭支援センター「米子みその」母子生活支援施設「コスモス」