「みその」の歴史

 社会福祉法人聖心の布教姉妹会は、家族とともに生活することができない児童を兄弟姉妹として受け入れ「互いに愛し合いなさい。私があなたたちを愛したように、あなたたちも互いに愛し合いなさい。」と十字架の上からご自分の命を与え愛の証をされた、このキリストの心を心として、一人一人を愛し、慈しみ育てることによって、児童の幸福をはかることを基本理念として、児童福祉施設を中心に、11都道府県に27の事業所を有するなど、全国広範囲に事業展開してきたが、平成20年4月1日、名古屋、岡山、呉、高知、米子、出雲に所在する11の児童福祉施設(児童養護施設・乳児院・保育所)について、社会福祉法人みその児童福祉会が経営を継承した。

創設

大正9年時のカトリック新潟教区長ヨゼフ・ライネルス師は、秋田において、宣教司牧の手伝いをする邦人修道女会を望み、聖心の布教姉妹会を創立した。

 当時、秋田県地方は、冷害のための凶作で貧しく、家族の犠牲となって身売りする子女や、一家を支えるために小学校を退学して、内職や作男に出る男子など、極度に貧困な家庭が多く、子供たちは必要最低限の養護にすら欠けていた。

 大正12年に、ある日雇い労務者が病気の妻と幼児を抱えて途方に暮れているのを発見し、病人を看護する一方、会員の居室の一部を開放して幼児を引き取り養育したのが、今日の社会福祉法人聖心の布教姉妹会が設置する児童福祉施設の始まりである。

経営継承施設の設立

岡山聖園子供の家 昭和6年
呉聖園マリア園 昭和29年
鳴海聖園天使園 昭和13年
鳴海みその園 昭和21年
米子聖園天使園 昭和12年
米子聖園ベビーホーム 昭和44年
米子聖園マリア園 昭和8年
出雲聖園マリア園 昭和40年
高知聖園天使園 昭和16年
高知聖園ベビーホーム 昭和24年
高知聖園マリア園 昭和15年